心 room

pexels_cactus

[日本語下]

The room where I live is a green smelling room. There is a powdery sort of warmth that I can sink into.

Most people want to curl into a ball and shrivel when they get back home, but I am the opposite.

There is just too much outside sometimes. Screaming, kicking, yelling. Catcalls that parade as compliments. Dishonesty disguised as individuality. Rocks and thorns and birds and burning, dry sun and nothing alive.

But the room where I live is a green smelling room. Flowers spring from the floors and the walls. Fresh fruit grows.

Most of all,

“Welcome home,” says He who tends the garden.


Let’s say that your heart is a room and someone lives in it. You’re like a property owner and you’re renting the space out. The only difference is, property owners aren’t directly connected to the property they own.

You, however, are directly affected by the state of your heart, by what’s in it. Your emotions, which bleed across your thoughts and actions. Your identity. What populates your body, mind, and soul as you wake up in the morning. What seeps out of you to your surroundings as you go about your day. What weighs upon you as you go to sleep at night.

Who are you going to let live in there?

I think that’s a choice we can make.

All kinds of hopefuls line up to take residence. School. Culture. People we like. Fame. Others’ opinions of us. Grudges. Money. Sex. Pride.

Actually, they probably don’t line up. They probably barge right on in, or maybe fight each other in the doorway. Maybe we’ve all had one or more of those often rowdy and troublesome residents occupying our inner room.

The thing is, they really trash the place, don’t they? Loud and crazy in all the wrong ways. Lazy when they shouldn’t be. Partiers who have no respect for who you are–how lovingly your room was made or who it belongs to. They stay up late, yell and scream at odd hours, trash the place and refuse to clean, leave cracks and holes and horrible graffiti lies on the walls.

These manifest on you and in you. Tears, anxiety, depression, self-doubt. Panic. Being unable to trust anyone. A whole slew of things that words cannot even begin to describe. It takes a lot of time and effort to clean things up and patch up the walls.

And then there’s the one who always waits outside the door. You never see him, but he’s always there. He’s easier to see when you’ve become a bit disenchanted with all the other potential residents.

So maybe you let him in. Maybe he comes in, and he cries, looking at the horrible state your room is in. His heart breaks for you as he sees how broken yours is. But he doesn’t complain.

“How can I live in this dump??”

He never says that.

“Okay,” He says, and gladly takes up residence in your torn up room.

He starts by cleaning things up. Clean, white walls, all patched up. Trash swept away, with not a speck remaining. Safe, comforting.

And then, He plants a garden.

Sometimes, you drop by and you’re excited because you see how awesome everything is getting. After a while, you get used to it and you don’t really see the progress; and you wonder, “What’s He doing in there? Is He even in there?”

But little by little, roots are forming. They come first. And then, you start seeing flowers. They’re beautiful, and your heart starts to lighten, breathe a little. Everything looks a little brighter.

Finally, there’s fruit. It nourishes you and strengthens you.

Life’s storms come, but you’re healthy enough to weather them.

Most importantly, life flows through you and from you in all that you do. Your thoughts are nourishing, your actions are loving. You are whole. You are rooted in life–the push and pull of circumstance no longer have you swinging back and forth.

And He stays there, tending to the garden, welcoming you home, eating with you when you’re hungry and thirsty because there’s no life–nothing substantial–out there in the wilderness.

Maybe he’s knocking, right now.

“Here I am! I stand at the door and knock. If anyone hears my voice and opens the door, I will come in and eat with that person, and they with me.” Revelations 3:20


 

あなたの心が部屋だとしましょう。さらに、その部屋には誰かが住んでいる。あなたはその部屋を所有していて、今貸し出している。普通に貸し出していることとの違いは、あなたがその部屋につながっている事。

あなたの心とその中に入っているものは、直接あなたに影響を与える。あなたの考えや行動ににじみ出ている感情。あなたのアイデンティティー。朝起きた時に、あなたの体、思い、そして魂に入っているもの。一日中、あなたの周りを取り巻き、あなたにかかっているもの。夜寝る時に、あなたの方にのしかかっているもの。

あなたはその部屋に誰を住まわせたいですか?

私たちはその部屋に誰を住まわせるか選べると思います。

そこに住みたいと言ってあなたの前に並んでいるものはたくさんある。学校、文化、好きなもの、名声、周りの評価、恨み、お金、性欲、プライド

でも実際、彼らはちゃんと並ばずに入ってくるでしょう。もしくは、お互い競い合ってその部屋の前で争っている。わたし達の心は横暴で乱暴なその一人、または複数によって支配されているのかもしれない。

問題は、

彼らは本当に部屋をめちゃくちゃにする。 そうですよね?

悪い意味でやかましく狂っている。彼らが黙るべき時に騒がしく、あなたに対してなんの尊敬もない宴会が開かれている。その部屋が誰かに大切にされて、愛らしくつくられていたとしても、彼らは夜遅くまで起きて、夜中に叫び散らす、ゴミをそこら辺に投げ捨て片付けもしない、壁はヒビと穴だらけで飾り付ける。

それらのマニフェストはあなたの上にそしてあなたの中に現れる。

涙、不安、憂鬱、自己嫌悪、恐怖、人間不信、言葉では言い表せない多くの災害

それをきれいに取り除いて静めるにはとても時間がかかる。

でももう一人、部屋の外でいつも待っている人がいる。

あなたは彼を見たことはない、だけど彼はいつもそこにいる。

もしも、あなたが今住んでいる住人たちに少しでも幻滅するなら、彼がそこにいる事を見出すかもしれない。

あなたは、彼を入れたとしましょう。彼はあなたの部屋に入ってきて、あなたの部屋が目茶目茶になっているのをみて涙する。あなたの心がいかに崩れているかを見て、彼は心を痛める。

でも、彼は文句は言わない。

「こんなぼろぼろなところには住めない。」

彼は、そんなことは絶対に言わない。

「オッケー。」 彼はそう言って、乱雑になったあなたの部屋に住んでくれる。

まずは、片付けを始める。彼は壁のヒビと穴を埋めて、白くしてくれる。ゴミは全部きれいに処分される。一粒も残らない。

そしてそこで、彼は庭を造る。

時折、あなたは立ち止まってその庭を見る。そして、その整えられた空間をみて興奮する。少し経つと、あなたはその見慣れた景色を見て、作業が進んでいない気がする。

あなたはこう思う。

「彼は何をやってるんだろ、そこに本当にいるのかな。」

でも、少しずつ、根が張っていく。

根っこが一番初めに伸びる、そして、あなたは花々を見つける。

それらはとても美しく、あなたの心に光が差し、少しの息が入る。

全てが少し明るくなったみたいだ。

最後に、果実がなる。

それはあなたに栄養を与え、あなたを強める。

人生の嵐がやって来る、でもあなたはそれに耐えれるくらい十分健康。

もっと大切なことは、命があなたを駆け巡り、あなたのする全ての事において命が流れていく。あなたの思いは栄養を与え、あなたの行動は愛に満ちてる。あなたには欠けるものはない。あなたは命に根付いているから、あなたをかき回す環境はあなたを振り回すことはない。

そして、彼はあなたの心という部屋に長くとどまる。

庭の手入れをして、

おかえりとあなたに声をかける。

外では命がないから、あなたに命が足りなくなって、空腹の時、そして乾いた時、彼があなたと一緒にご飯を食べる。

きっと、彼は今あなたの部屋をノックしている。

 

見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。

ー黙示録3章20節ー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中